ワキ脱毛 ランキング

ワキ脱毛ランキング

人気サロンのワキ脱毛を口コミや料金から比較しランキング形式で紹介

脱毛前後の飲酒はNG!どんな影響があるの?

エステサロンや脱毛専門サロンで光脱毛を行う場合、

施術の当日とその前後の日には飲酒を控えるようにと説明があります。

 

これは施術後の肌トラブル(赤み・かゆみ・炎症による腫れなど)を事前に防ぐために大切なことです。

 

それでは、お酒と脱毛後の肌トラブルにどんな関係があるのでしょうか?

アルコールの過剰摂取が体に悪いのはもちろんですが、お酒を飲むと顔や手が火照る感じがしますよね。

 

体が内側から温まるのは、アルコールの影響で普段より血行が良くなっているため。

 

光脱毛は肌にフラッシュを照射して行う脱毛ですから、施術後の肌は熱を溜め込んだ状態になっています。

 

サロンでも施術の前後煮は対処部位を充分に冷却するように、脱毛による肌への負担を軽減するには、まず「熱の鎮静化」が必要なのです。

 

そう考えれば、施術後の飲酒がNGと言われる理由も納得いただけるのではないでしょうか。

 

血行の促進は良いことのように思われますが、肌を火照らせるお酒の作用は脱毛前後の肌には適しません。

前日の軽い飲酒であっても、お酒は意外と体の中に残っています。

 

体内のアルコールは冷やしたい肌を温めるだけでなく、バリア機能を低下させて脱毛時の痛みを感じやすくすることもあるのです。

 

不要な肌トラブルを防ぐためにも、脱毛前日・当日・翌日の飲酒は避けましょう

 

この記事に関連する記事一覧

口コミ掲載中
コラム